脱毛サロン ランキング 名古屋

自己処理のあれこれ

自己処理のメリットといえば...
自宅でてきる。好きな時にできる。安く済ませれる。
...あと何かありましたっけ?(笑)

 

 

【毛抜き】
毛抜きでの処理は、毛を引っ張るだくでなく無理をして皮膚も一緒に引っ張られるため毛穴は広げられ鳥肌のようにボツボツと突起してしまいます。見た目が悪いどころか広がった毛穴から雑菌が入り込み感染症を引き起こすことも。また埋没毛といって皮膚の下で毛が伸びていってしまい、皮膚を破らなければその毛を取り出せない状態になってしまう事もかなりの確率で起こり得ます。

 

私も脱毛前はヒザの毛が太くて濃かったためよく毛抜きを使用して抜いていたのですが、案の定埋没毛を作ってしまう事もしばしばありました。今考えると恐ろしい事ですが、やはりそこに針を落とし皮膚を破って針に毛を引っ掛けて抜き取っていたんですね。思うように毛がすくえなくてしつこくイジッているうちに赤く腫れてしまう事などしょっ中でした。まだ若かったあの頃でも暫く跡が消えなかったので、今だったら...考えたくもないですねf^_^;)

 

 

【カミソリ】
みなさんも自己処理において1番よく使用するアイテムかと思います。
カミソリでの処理は、まだ必要なお肌の角質までも一緒に削いでしまうためお肌は乾燥し炎症を引き起こしてしまうこともあります。
またお風呂でアワアワになったついでにT字カミソリで...なんて方も少なくないはずですが、濡れたお肌は非常にデリケートになっており受けるダメージも強くなります。そして意外とお風呂場というのは雑菌まるけなんです。傷ついたお肌から雑菌による感染症を引き起こす可能性だってあるんです。単純に切り傷を作ってしまうのも嫌ですよね。
カミソリや脱毛クリームは表面的な処理しか出来ないため、2,3日もすればまたすぐに毛が伸びてきてしまいます。

 

 

【脱毛クリーム】
脱毛クリームは、処理したい箇所にクリームを塗り広げ時間を置いて拭き取ると根元から溶かされたムダ毛が取れるというものです。
カミソリ同様、炎症を引き起こす可能性はもちろんのこと、ムダ毛を溶かしているという事は同時にお肌も溶かしているという事で、炎症どころかお肌がかぶれたりただれたりする危険性も否めません。

 

私自身も若かりし頃、脱毛クリームでは痛い目に合いました...。ヒザから下の処理をしたのですがヒザ部分はスネの部分よりもムダ毛が太く濃く、綺麗に処理することが出来なかったのでクリームを塗り足し更に時間を置いてしまったんです。その後は赤く腫れガサガサに被れてしまい痒くてかくと痛くて...結局、皮膚科のお世話になることになってしまいました。
キレイになろうとした筈なのに、お肌は傷つきお医者のお世話になるはめになるだなんて...切ないお話しですよね(T_T)

 

 

【ワックス】
ワックスでの処理は、まず処理したい箇所にトロトロに温めたワックスを塗り広げそれが乾いたら剥がし取ります。
痛みを恐れて躊躇すると失敗するので潔く一気にべリッといかなければなりません。当然、一度に何本ものムダ毛を抜くことになるので痛いですT^T
また取り込んだムダ毛全部を一定方向に抜き取るため、毛根が曲ってしまい埋没毛を招いてしまう原因にもなります。カミソリやクリームと同じようにまだ必要な角質までも無理に剥がしてしまうので炎症や内出血を引き起こす恐れも大いにしてあります。

 

 

【家庭用光脱毛器】
自己処理の方法で唯一オススメできるのは家庭用光脱毛器です。
その名の通り家庭での光脱毛を可能にした機器で、当然サロンで使用されている機器よりも光のパワーは弱く、そのぶん得られる効果も小さくはなるのですが、ムダ毛の自己処理において最も安全な方法といえます。
とは言っても市場に出回っている全ての商品に対して言える事ではありません。正直1,2万円程度の安価なものでは“効果には個人差があります”の逃げ口上をかざして、安全面でも効果の面でも期待できないものがほとんどです。
品質の良い商品を手にすることが出来れば“手間でも自宅で好きな時に”“サロンで高いお金をかけるぐらいなら地道に自分で”という方にはオススメです☆